保育園での虫や植物との触れ合い

保育園に通う子どもたちのなかには、虫好きな子もいれば、虫が大の苦手とする子どもたちもいます。保育園では虫好きの子と虫キライの子どもたちが、一緒に同じ空間で遊ぶなかでのトラブルが起きないような工夫が必要となるでしょう。虫キライの子どもたちは、虫の存在を感じ取っただけでも泣き出してしまう子どもたちもいるようです。虫好きの子どもたちが、良かれと思ってしている行動が虫キライの子どもたちのストレスになってしまったり、ケンカのもとになってしまうことを防止するような見守りが求められてくるでしょう。なかには特定の虫や植物に触れるとヒフが炎症を起こす子どもたちもいるようですので、子どもたちの反応を敏感に読み取りましょう。